NBOXトップNBOX評価>新型NBOX 4WDの性能は?

新型N-BOXの4WDの性能は?実燃費や雪道走行を徹底評価!

N-BOX4WD 性能
※NBOX:honda.co.jp

 

ホンダの軽スーパートールワゴン「N-BOX」は、2017年9月に実施されたフルモデルチェンジにより持ち味の居住性やユーティリティがさらに向上するとともに、走行性能や安全装備がブラッシュアップされるなど、一段と魅力的に変貌しました。

 

そして、先代に引き続き雪国に住むユーザーなどのために4WDモデルも設定されていますが、その実燃費や雪道での走行性能がどの程度の水準にあるのかを、徹底評価します!

 

 

 

 

N-BOXの4WDグレードの価格は?

 

N-BOXの売れ筋グレードにおける2WD車と4WD車の価格差は?

 

N-BOXには標準系とカスタム系の2つのデザインラインが用意されていますが、当サイトの調査による売れ筋グレードは、標準系NAエンジン搭載の中間グレード「G・Lホンダセンシング」となっています。

 

同グレードの2WD車との価格差は、13万680円となります。

 

NBOX G・L Honda SENSING 2WD 1,499,040円
NBOX G・L Honda SENSING 4WD 1,629,720円

 

装備は4WD車の方が充実しているので、およそ13万円の価格差にも十分納得がいきます。

 

 

N-BOXの4WD車と2WD車との仕様の違いは?

 

〇 NBOXの4WD車のボディスペック

 

スペック
NBOX G・L Honda SENSING 2WD NBOX G・L Honda SENSING 4WD
全高(mm) 1,790
1,815
最低地上高(mm)

145

145
車両重量(kg) 890
950
燃料タンク容量(L) 27 25

 

4WD車は2WD車と比較すると全高が25mm高く設定されているほか、車両重量がG・Lホンダセンシングの場合で60kg重くなっています。

 

また、燃料タンク容量が4WD車は2L小さくなります。

 

 

〇 NBOXの4WD車のパワートレイン&メカニズム

 

CVTの後退減速比が2WD車の4.318に対し、2.533と大幅に小さくなっています。

 

また、リア・サスペンションが2WD車の車軸式+トーションバー式スタビライザーに対し、4WD車はド・ディオン式かつスタビライザー無しとなっています。

 

一方、フロントのディスクブレーキは2WD車がソリッド式であるのに対し、4WD車は車両重量増加に対応するためベンチレーテッド式が採用されています。

 

 

〇 NBOXの4WD車のインテリア

 

フロア高が4WD車の方が高くなっています。

 

 

〇 NBOXの4WD車の装備

 

親水/ヒーテッドドアミラー+フロントドア撥水ガラス

 

4WD車のみに、運転席・助手席シートヒーターと親水/ヒーテッドドアミラー+フロントドア撥水ガラスが装備されます。

 

 

NBOX 4WD車とライバル車との価格差は?

 

〇 NBOX 4WD最大のライバルは?

 

NBOXのライバル車 タント

 

N-BOXの最大のライバルと言えば、「ダイハツ・タント」でしょう。

 

N-BOXのG・Lホンダセンシングと競合するグレードには、同じくNAエンジン搭載の中間グレードである「X SAⅢ」があげられます。

 

価格はN-BOXの162万9,720円に対し、タントは154万4,400円と8万円以上安価になっています。

 

 

〇 仕様・装備の違いは?

 

エンジンのスペックは、タントの最高出力52ps/最大トルク6.1kgmに対し、N-BOXは最高出力58ps/最大トルク6.6kgmと大きく上回ります。

 

車両重量もタントが30kg重く、動力性能はN-BOXが勝ります。

 

スペック
NBOX G・L Honda SENSING 4WD
タント X SAⅢ 4WD
最高出力(ps) 58
52
最大トルク(kgm)

6.6

6.1
車両重量(kg) 950
980

 

一方装備面でも、タントの場合はシートヒーターが運転席にしか備わらないなど、N-BOXに対し若干見劣りがします。

 

 

N-BOX・4WD車の実燃費は?

 

カタログ燃費と実燃費の差は?

 

N-BOXのG・Lホンダセンシング4WD車のカタログ燃費(JC08モード)は25.4km/Lであるのに対し、当サイトの調査による実燃費は18.4km/Lとなっています。

 

達成率は72.4%で、カタログ燃費との乖離は平均的なところです。

 

 

2WD車と4WD車との実燃費の差は?

 

当サイトの調査によると、同一グレードの2WD車の実燃費は19.6km/Lなので、4WD車より1.2km/L勝っています。

 

カタログ燃費の差は1.6km/Lなので、妥当な結果でしょう。

 

 

ライバル車との実燃費の差は?

 

当サイトの調査によるとタントの実燃費は16.9km/Lなので、N-BOXの方が1.5km/L優れています。

 

カタログ燃費はタントの方が0.4km/L上回るにも関わらずこの結果となったのは、新型N-BOX・4WD車はユーザー数がまだ少ないため、数値に多少偏りが出たせいかもしれませんが、タントとほぼ同等の実燃費と見て良いでしょう。

 

 

N-BOX・4WD車の雪道の走行性能は?

 

N-BOXの4WDはどんなシステム?

 

〇 NBOX 4WDの概要

 

リアルタイム4WD構造図

 

N-BOXの4WDシステムには、小型モーターとポンプ、および電子制御クラッチを用いたアクティブオンデマンド型「リアルタイム4WD」が採用されています。

 

このシステムはホンダ独自のもので、小型軽量である点も特徴です。

 

 

〇 NBOX 4WDの制御

 

各種センサーからの信号を4WDコンピューターで演算処理し、通常は前輪駆動で走行しながらも、前輪が空転しそうになると瞬時に電子制御クラッチを締結して後輪へのトルク配分を行い、4輪駆動走行に移行し安定した走行を促します。

 

 

N-BOXの雪道での実際の走行性能は?

 

〇 NBOX 4WDの発進・加速時

 

NBOX 4WD 雪道走行

 

エンジンのトルクやシフトポジションに応じて後輪に最適なトルクが配分されるため、滑り易い雪道においてもスムーズかつ安定した発進・加速が行えます。

 

ビスカスカップリング式4WDシステムを搭載する「フィット」や「シャトル」が、前輪が滑ってから後輪にトルク配分が行われるため不自然な感触が拭えないのに対し、N-BOXはより自然なドライブフィールを実現しています。

 

 

〇 NBOX 4WDの登坂時

 

雪道の上り坂においては、アクセル開度や坂の角度をセンサーで検知して後輪に最適なトルクを配分するため、前輪がスリップすることなく力強く登っていきます。

 

同じスタッドレスタイヤを履いたN-BOX・2WD車と比較すると、登坂性能の差は歴然としています。

 

 

〇 NBOX 4WDの通常走行時

 

路面状況が刻々と変化するような雪道でも、2WD車よりも遥かに安定した走行が可能です。

 

また、コーナリング時おいても、重心位置の高さやトレッドの狭さといったディメンション面の弱点をあまり感じさせず、無理なハイペースで走行しない限り安定した旋回が可能です。

 

ただし、キビキビとした運動性という面では、より重心位置の低い「N-WGN」や「N-ONE」一歩を譲ります。

 

 

N-BOX・4WDのまとめ

 

N-BOX・4WD車の雪道での走行性能は、見た目よりも遥かに本格派と言えるでしょう。

 

オーバースピードにさえ注意すれば、ほとんどの情況で安定した走行が可能で、背の高さに伴う恐怖感もほとんど感じられません。

 

プリミティブな4WDシステムを搭載するフィットやシャトルなどよりも、むしろ優れている面さえあります。

 

一方燃費性能に関しても、高効率な4WDシステムのおかげで2WD車との差が小さいので、ガソリン代を気にせず乗れるのが嬉しい点でしょう。

 

 

下取り車があるならNBOXが安く買える!

 

NBOXのグレードを検討したら、NBOXの総支払額も気になる所ではないでしょうか。

 

もし下取り車があるなら、上手に売ることでNBOXの支払額を新車値引き以上に下げる事も可能です。

 

やり方はとても簡単なので、是非実践してみて下さい。

 

 

ディーラーの下取り金額には気を付けよう!

 

NBOXの新車を買うときに、下取り車があるならディーラーで査定してもらうユーザーがほとんどではないでしょうか。

 

ここで気を付けたいのは、「ディーラーの下取り金額は低く見積もられている」と言う事です。

 

なぜ低く見積もられるかと言うと、NBOXの新車値引きを多くしても、下取り車を安く買い取れれば、ディーラーには損がありません。

 

また、後から下取り金額を引き上げて、「○○万円アップしたので、契約してください!」とセールストークにも利用できます。

 

 

ディーラーの下取り金額は上げられる!

 

低く見積もられるディーラーの下取り金額ですが、実は簡単に引き上げることが可能です。

 

管理人の実体験を交えて紹介しましょう。

 

以前、フィットシャトルを買い替えるためディーラーで査定してもらいました。

 

ディーラーの下取り金額は76万円です。

 

ディーラーが低く見積もるかもしれない事は知っていたので、ディーラー以外の買取店にも査定してもらう事にしました。

 

買取店の査定サイトから申し込むと、自分の車の概算価格を教えてくれます。

 

 

査定

 

査定サイトで表示された概算価格は、ディーラーよりも20万円も高いものでした。

 

20万はさすがに大きいので、すぐにディーラーへ出向いて「買取店には96万円が相場と言われましたよ?」と営業さんに伝えてみました。

 

営業さんは一瞬「え?」と驚いた顔を見せましたが、すぐに上司と相談して「分かりました。今回は特別に買取店さんに合わせます。」とディーラーの下取り金額も96万円になりました!

 

この時した事は、査定サイトで表示されたフィットシャトルの概算価格をディーラーに伝えただけです。

 

これだけで、20万円もアップしたので、やはりディーラーの下取り金額は安く見積もられているのかなと思いましたね。

 

 

ディーラーより高ければ買取店へ売る選択も

 

ディーラーで20万円アップしましたが、査定サイトで申し込んだ買取店の査定がまだだったので、査定してもらいました。

 

ディーラーでは96万円が付いたことを伝えると、なんとさらに上回る金額で買い取ってもらいました。

 

その時の契約書はこちらです。

 

 

 

96万円からさらに12万円高い108万円で決定しました。

 

最初の76万円からなら、32万円の上乗せですね。もし買取店の査定を検討してなかったら、32万円もの上乗せは無かったでしょう。本当に良かったと思いましたね(笑)

 

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。

 

1分ほどの入力で申し込み後、画面上に自分の車の概算価格が表示されます。

 

「ディーラーの下取り金額と比較したい方」「早く自分の車の相場を知りたい方」などにはお勧めのサイトです。

 

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

 

 

 

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!?

 

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

 

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大2000社の買取店から入札を受けられます。

 

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

 

2000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

 

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

 

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

 

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

 

>>ユーカーパックの査定(無料)はこちら

 

 

 

NBOXの値引き交渉のノウハウはこちら

 

当サイトのNBOX値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がNBOXを限界値引きで購入する事に成功しています。

 

今月のNBOXの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

 

>>NBOX値引き交渉マニュアル

 

 

PR

PAGE TOP

copyright©2011-2018 ホンダ NBOXを買う! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com